むくみ・冷えでお悩みの方へ

むくみ・冷えによくある症状

  • 寝起きに顔がむくんでしまう

  • 手足がすぐに冷えてしまう

  • 座ったままでいると足がむくんでくる

  • 冷えが気になって眠れない

長年のむくみや冷えに悩まされていませんか

身体のむくみや冷えといった症状でお悩みの方は女性を中心に、

非常に多くいらっしゃいます

 

むくみや冷えはすぐに緩和することができず慢性化することもあり、

とてもつらいものです。

 

ここではむくみ・冷えの原因や対処法についてみていきましょう。

むくみ・冷え改善メニュー Recommend Menu

身体がむくんでしまうメカニズムについて

どうしてむくみや冷えといった症状が出てしまうのでしょうか。

むくみ・冷え症にはそれぞれいくつかの原因があります。

ここではむくみや冷え症の原因について詳しくご紹介します。

【むくみ】

むくみとは簡単に言うと、体内に必要以上の水分がとどまった状態のことを意味します。

 

◆むくみの原因

一口にむくみといっても、その原因は実にさまざまです。
一般的には次のようなことがむくみの原因とされています。

 

●水分の摂りすぎ

単純に水分を摂りすぎると、むくみやすくなります。

 

●筋力低下

足がむくむ方に多くみられるのが筋力の低下です。
特にふくらはぎをはじめとした下半身の筋力が低下すると、心臓へと血液を送り返す力が弱くなり、下半身がむくみやすくなります。

 

●姿勢のゆがみ

座りっぱなしや立ちっぱなしなど長時間同じ姿勢をしていると、お腹にある腸腰筋という筋肉が硬くなり、血行を阻害する可能性があります。

 

●病気が原因のむくみ

下肢静脈瘤やエコノミ―症候群、腎機能障害、リンパ浮腫など病気が原因となってむくみを発することもあります。

 

【冷え性】

病気ではないものの、身体が冷える体質のことを冷え性と呼んでいます。

 

◆冷えの原因

むくみと同様、冷えの原因も実にさまざまにあります。

 

●日常生活での癖

運動不足や睡眠不足などの生活習慣の悪化によって血流が悪くなると、冷えを引き起こします。
また、夏場にエアコンを強くかける、朝食を抜くなどの積み重ねで冷え性のリスクが増します。

 

●食事

冷たいものを好んで食べたり飲んだりすることで身体が冷えてしまいます。

 

●服装

冬でも薄着をしていたり、身体をしめつけるような服装は冷えに繋がります。

 

●自律神経やホルモンバランスの乱れ

ストレスによって自律神経のバランスやホルモンバランスが乱れることで、体温調節の機能が上手く働かなくなってしまいます。

生活習慣の改善でむくみ知らずの身体になりましょう

むくみや冷えといった症状はなかなか緩和できず、つらいものです。

このような症状を予防するにはどうすればよいのでしょうか。

 

ここではむくみ・冷えの予防策についてご紹介します。

 

 

【むくみの予防】

 

・カリウムを摂る

むくみを予防するためには食生活にも注意する必要があります。
バナナやイモ、肉、魚といったカリウムを多く含む食品を十分に摂るようにしましょう。

 

・ストレッチ、エクササイズ、マッサージ

むくみやすい部位をストレッチやエクササイズで動かすことで血流やリンパの流れを促進し、むくみの予防ができます。
マッサージでほぐしておくのもむくみ予防に効果的です。

 

・お風呂にゆっくり浸かる

湯船に浸かって全身を温めることで、血流や代謝を良くしてむくみ予防ができます。
足湯や半身浴でも身体を温めることができます。

 

 

【冷えの予防】

 

・身体を温める

湯船にゆっくりと浸かる、温かい食べ物を積極的に摂るなどして身体を内側から温めましょう。
血流や自律神経の働きが良くなり、冷えを予防することができます。

 

・運動の習慣をつける

運動不足で筋力が低下していると血流が悪化しやすく冷えの原因となります。
筋肉量を増やすことで身体が冷えにくくなり、自律神経の働きも安定します。

 

・ビタミンを摂る

身体を冷やす冷たい食べ物やインスタント食品を避けて、ビタミンB、C、Eを含む食品を積極的に食事に取り入れてください。

 

稲毛中央整骨院の【むくみ・冷え】アプローチ方法

むくみ・冷えの主な原因は、生活の癖・筋力低下が考えられます。

当院では、ゆがみを改善すると「むくみ・冷え」を改善できる場合が多いと考えており、

主に「骨格矯正」「楽トレ」「ドレナージュ(EHD・DPL)」「CMC筋膜ストレッチ(リリース)」「PIA」「季節調整」「産後矯正」「O脚矯正」で、むくみ・冷えの改善を目指します。

 

長年「むくみ・冷え」にお悩みの方、当院で改善を目指しませんか?

 

 

【むくみ・冷えに対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルトは高圧の電気を流して現在出ている症状に対して原因になっている部位がどこかを探る機械です。
症状の原因は実際に患部の可能性もあれば、全然違うところの場合もあります。
それを断定し、症状の改善も目指せる機械になります。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

AD・パイオネックスゼロ・SP・マグレインという種類の丸いテープを使用して施術を行います。
各テープによって役割が違い、ツボや経穴や身体に流れている生体電流の乱れを回復させる効果が期待できます。
その時の症状にあった施術を行うことができます。

 

■テーピング

症状に合わせて、固定や身体の機能を保護したりアシストするために使用します。
プロスポーツ選手が使用しているイメージが強いですが、特にスポーツを行っていない一般的な方にも使用することができます。
肩の痛みなどにも効果的が期待できます。

 

■骨格矯正

姿勢の悪さ・骨のゆがみなどを改善させる施術方法です。
主に手技を使って施術を行います。バキバキと音を立てる施術ではないのでご安心ください。
骨格のゆがみはさまざまな症状に繋がる要因となります。
骨格のゆがみを元の状態に戻すことにより腰痛や肩こりなどの根本的な改善が期待できます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋膜とは筋肉の表面上にある膜で、筋膜の伸縮が低下し癒着すると痛みや可動域の制限に繋がります。
ブレードで癒着した筋膜と筋肉の間をはがしていきます。身体の痛みや張りにお悩みの方におすすめです。

 

■ドレナージュ

【EHD】

アイヘッドドレナージュの略で、目元や首周り、頭周りの筋肉のコリなどにアプローチしていきます。
リンパの流れを促進し頭痛や眼精疲労、肩こりなどに対して効果的が期待できる施術法です。

【DPL】

ディーププレスリンパドレナージュの略で、リンパの流れを促進して足の筋肉の緊張を和らげる施術方法です。
「足のむくみ」「手のむくみ」「こわばり」「足の疲れ」「手の疲れ」に対して効果が期待できます。

 

■産後矯正

産後の骨盤の広がりを戻していく施術方法です。
産後に骨盤が開いていると内臓の機能低下や、血流循環の阻害、2人目の不妊、ぽっこりお腹、尿漏れに繋がってきます。
産後半年以内に行うことをおすすめしています。

 

■季節調整

季節の変わり目は寒暖差やアレルギー症状など、さまざまな症状が出やすくなります。
そのため、時期や患者さんの体調、状態に合わせた施術を行っています。

 

■O脚矯正

先天性のO脚の場合は難しく、後天性の場合は改善する見込みが高いです。
先天性か後天性かは実際に確認が必要となりますので、一度ご相談ください。
変形性膝関節症からのO脚の方は完全に改善させることは難しいですが、痛みの緩和を期待することはできます。

 

■楽トレ

表面上の筋肉ではなく、身体の中心にあるインナーマッスルに対してトレーニングを行う施術です。
週2回を3カ月半続けると、筋トレ同等の筋肉を作ることが期待できます。
慢性腰痛や姿勢のゆがみに非常におすすめです。
施術は横になっていただくもので、身体を動かさずに筋肉トレーニングしていただけます。

著者 Writer

著者画像
院長:西尾 建佑
1984年10月4日産まれ A型
地域密着と患者さんの根本的な痛みの改善と、家族のように安心して色々相談出来るような信頼関係を作りたいと思っています。
趣味はサッカー、ダイビング
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:稲毛中央整骨院
住所〒263-0043 千葉県千葉市稲毛区小仲台2-8-20
最寄:JR総武線稲毛駅 徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】稲毛中央整骨院 公式SNSアカウント 稲毛中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】稲毛中央整骨院 公式SNSアカウント 稲毛中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】稲毛中央整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中