肉離れでお悩みの方へ

肉離れによくある症状

  • 太ももやふくらはぎが痛み、
    歩けない

  • 運動していて
    急に足が痛く
    なった

  • 痛みが強く膝が曲げられない

  • 足が腫れて紫色になっている

太腿に急な痛みをともなう肉離れ

肉離れは急な運動時に起こりやすいものです。

つらい痛み、できれば起こってほしくないものですよね。

 

なぜ急に肉離れが起こってしまうのか、ご存知でしょうか。

 

ここでは、肉離れの原因や対処法についてご紹介します。

肉離れ改善メニュー Recommend Menu

肉離れが起きる原因について

肉離れとは筋肉の断裂によって、痛みを覚える症状のことです。

特にふくらはぎの筋肉や大腿の裏側(特にハムストリングス)によくみられます。

水分不足や身体が硬い状態だと起きやすいとされ、ダッシュやジャンプをするスポーツなどで発症する可能性が高いです。

 

肉離れの原因や症状について詳しくご紹介します。

 

 

【肉離れについて】

肉離れとは、急激に筋肉が収縮した時に筋肉が部分断裂、もしくは完全断裂してしまうことです。

外見上ではしばしば陥凹(へこんで見えること)がみられます。
また、内出血を起こして赤黒くみえることもあります。

 

◆起きやすい部位

主に脚にある大きな筋肉にみられます。もっとも肉離れが起こりやすい部位はふくらはぎにある下腿三頭筋(かたいさんとうきん)です。
また、太ももの前側の筋肉(大腿四頭筋・だいたいしとうきん)や、太ももの裏側の筋肉(ハムストリングス)にも多くみられます。

 

◆場面

主にスポーツをしている時に発症するケースが多いと言われています。
特に急に走り出したときや加速したとき、ジャンプしたときなどに起こる傾向があります。
陸上の短距離選手の場合はハムストリングスの肉離れが多く、中長距離選手の場合はふくらはぎの肉離れが多いようです。

 

【肉離れになる主な原因】

 

◆急激な負荷

筋肉にはゴムのように縮んだり伸びたりする働きがありますが、筋肉に対して急激な負荷が掛かることで、ゴムが切れるように筋繊維を断裂してしまいます。

 

◆柔軟性の欠如

ストレッチ不足などで筋肉が硬いと、古くなったゴムのように切れやすくなります。

 

◆水分不足・飲酒

血液は全身に酸素や栄養を運んでいますが、水分不足や飲酒によっていわゆる「ドロドロ血液」になると、局所の栄養状態の低下を招き、肉離れを起こすリスクが高まります。

 

◆冷え

冬になると足がつりやすくなりますが、そのような状態で運動をした場合、肉離れを起こしやすくなります。

 

【症状】

肉離れの症状は基本的に痛みです。

・伸ばしたときに痛む
・押したときに痛む
・力を入れたときに痛む

そのため、歩行にも支障をきたすことがあります。

肉離れにはまずはRICE処置を行いましょう

肉離れの症状をそのままにしておくと、悪化してしまい、将来的に歩行が困難になるおそれがあります。

また、肉離れが原因で身体のゆがみに繋がることもあります。

このような事態を防ぐために、肉離れを緩和するにはどうしたらよいのでしょうか。

 

●応急処置RICE

 

 

肉離れになった際には、RICE処置と呼ばれる4つの応急処置を行いましょう。

 

・R:Rest(安静にする)

肉離れした部位は動かさないようにして安静にしておきましょう。
体重もかけないようにしてください。

 

・I:Ice(冷やす)

肉離れした箇所を中心に氷を入れた袋や冷却シートで冷却します。
15分~20分程度冷やしたら一度様子を見て、痛みや腫れが続くようならさらに冷やします。

 

・C:Compression(圧迫する)

テーピングや包帯で患部を固定して圧迫してください。
血流の悪化に繋がりますので、強く巻き過ぎないよう気を付けましょう。

 

・E:Elevation(挙げる)

肉離れした部位は心臓より高い位置で保ちましょう。
内出血や痛みを緩和することができます。

 

 

●肉離れを早期に緩和するために

肉離れの症状を緩和するためには、軽度の症状だと3週間程度、重度だと2か月程度の期間が必要となります。
早期の緩和を目指すには、応急処置をしてすぐに医療機関や整骨院・接骨院にかかりましょう。

 

稲毛中央整骨院の【肉離れ】アプローチ方法

皆さん、肉離れは痛みがなくなったら完治と思っていませんか。

痛みがなくなっただけの場合、筋肉の硬さがまだ残っているためそこで再発をする可能性が高いです。

 

そのため、痛みがなくなったあとでも筋肉の硬さをしっかりと改善することが大切です。

 

当院では、「保険施術」「CMC筋膜ストレッチ(リリース)」「超音波療法」「テーピング」で肉離れの改善はもちろんのこと、再発をしないように対策も行っています。

 

【肉離れに対する施術方法】

 

■保険施術

当院は健康保険を使うことが可能ですが、健康保険には使えるものと使えないものがあります。
慢性的な肩こりや腰痛などには健康保険は適用となりません。
なお自費施術では肩こり・腰痛などの施術も行っていますのでご相談ください。
保険が使える使えないはお問合せいただくことも可能です。3

 

■ハイボルト療法

ハイボルトは高圧の電気を流して現在出ている症状に対して原因になっている部位がどこかを探る機械です。
症状の原因は実際に患部の可能性もあれば、全然違うところの場合もあります。
それを断定し、症状の改善も目指せる機械になります。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

AD・パイオネックスゼロ・SP・マグレインという種類の丸いテープを使用して施術を行います。
各テープによって役割が違い、ツボや経穴や身体に流れている生体電流の乱れを回復させる効果が期待できます。
その時の症状にあった施術を行うことができます。

 

■テーピング

症状に合わせて、固定や身体の機能を保護したりアシストするために使用します。
プロスポーツ選手が使用しているイメージが強いですが、特にスポーツを行っていない一般的な方にも使用することができます。
肩の痛みなどにも効果的が期待できます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋膜とは筋肉の表面上にある膜で、筋膜の伸縮が低下し癒着すると痛みや可動域の制限に繋がります。
ブレードで癒着した筋膜と筋肉の間をはがしていきます。身体の痛みや張りにお悩みの方におすすめです。

 

■超音波療法

1秒間に100万回の音波が振動を起こすことにより熱を発して、筋肉の奥深くに刺激を与えることができる施術方法です。
手技では届かない、筋肉の奥深くにアプローチしていきます。

著者 Writer

著者画像
院長:西尾 建佑
1984年10月4日産まれ A型
地域密着と患者さんの根本的な痛みの改善と、家族のように安心して色々相談出来るような信頼関係を作りたいと思っています。
趣味はサッカー、ダイビング
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:稲毛中央整骨院
住所〒263-0043 千葉県千葉市稲毛区小仲台2-8-20
最寄:JR総武線稲毛駅 徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】稲毛中央整骨院 公式SNSアカウント 稲毛中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】稲毛中央整骨院 公式SNSアカウント 稲毛中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】稲毛中央整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中