骨折でお悩みの方へ

骨折によくある症状

  • 転倒したとき
    足が変な方向に
    曲がって
    しまった

  • 走り込みを
    していると
    すねの骨が
    痛くなってきた

  • 骨折から
    できるだけ
    早くスポーツに
    復帰したい

  • 転倒による
    骨折から
    寝たきりに
    ならないか
    不安だ

骨折の適切な処置方法を知っていますか?

骨折を早期回復させるためには、いかに素早く処置が行えるかにかかっています。
特に骨折のリスクが高い、コンタクトスポーツをされている方、高齢者の方は注意が必要です。

 

こちらのページでは骨折の症状と処置方法について詳しくまとめてあります。

日常でできる予防法についてもご紹介しています。

骨折早期回復メニュー Recommend Menu

骨折にみられる特徴的な症状について

骨折は骨が折れた状態をいいます。
一口に骨折といっても、完全に折れたものから、ヒビが入ったもの陥没してしまったものなど種類はさまざまです。

こちらでは「骨折の種類、症状」について詳しく確認していきましょう。

 

【骨折の程度による分類】

 

完全骨折:骨が完全に折れて離断してしまったもの
不全骨折:骨に傷はついているが、部分的にはつながっているもの(ヒビ、亀裂骨折、陥凹骨折、骨膜下骨折など)

 

【骨折の種類】

 

●外傷性骨折

身体に大きな外力が加わることで起こった、いわゆる「ケガ」による骨折になります。
スポーツや日常生活における、衝突、転倒、転落、事故などが原因として挙げられます。

 

●疲労骨折

身体の一部に、繰り返しの外力が加わることによって発生した骨折になります。
ランニング、ジャンプ動作の繰り返しによる足の疲労骨折、ゴルフのスイングによる肋骨の疲労骨折などが挙げられます。

 

●病的骨折

骨が何らかの原因で脆くなることにより、通常では骨折を起こさないようなわずかな外力で骨折してしまったものになります。
骨が弱くなる原因としては、骨粗鬆症、転移性骨腫瘍、骨肉腫などが挙げられます。

 

【骨折の固有症状】

 

「疼痛」「腫脹」「機能障害」の他に、骨折には次のような固有症状がみられます。

 

●転位と変形

完全骨折の場合、骨の位置が移動することで変形がみられることがあります。
側方転位、屈曲転位、延長転位、短縮転位などがあります。

 

・軋轢音

折れた骨同士が衝突することで、軋轢音を触知することがあります。
音として聞こえるというよりは、主にゴリゴリとした手の感触のことをいいます。

 

・異常可動性(異常運動)

完全に折れた場合、関節以外の場所で骨が通常では起こりえない方向に動くことがあります。

 

【骨折の全身症状】

 

・ショック症状

内出血量が多い骨折の場合、全身の循環バランスが崩れることで、ショック症状があらわれることがあります。
「顔面蒼白」「冷や汗」「手足の冷え」「意識の虚脱」「脈拍が触れなくなる」といった症状がみられます。

 

・吸収熱

血腫や損傷した組織が吸収される際、全身に発熱症状がみられることがあります。
37〜38℃程度の微熱で、2.3日続く場合もあります。

 

【骨折の局所症状】

 

骨折の特徴的な局所症状(疼痛の出方)には次のものがあります。
これだけで骨折と断定はできませんが、骨折を判断する際の参考になります。

 

・自発痛、圧痛(限局性圧痛)

骨膜や骨の周辺には知覚神経が豊富に走っているため、その他の外傷と比較すると強い痛みがでやすいことが特徴です。
骨折部分に局所的な圧痛がみられる「限局性圧痛」も、骨折の特徴的な痛み方になります。

 

・介達痛

骨に軸圧を加えたり、牽引したり、離れた箇所から叩いてみると、骨折部分に痛みが響くことがあります。

 

【骨折の併発症】

 

骨折に伴って、次のような障害がみられる場合があります。

・筋、腱など軟部組織損傷
・血管損傷
・末梢神経損傷

また、関節損傷がみられる場合は、骨折の治癒後も関節の動きに制限が残ってしまう場合もあります。

骨折してしまった際はどう対処すればよいのでしょうか?

骨折が疑われる場合は、早急に「RICE処置」を行いましょう。
RICE処置は骨折だけではなく、急性の外傷全般に活用できる考え方になります。

また「日常生活でできる対策」「骨折の治癒経過」についても紹介していますので、ぜひご確認ください。

 

【RICE処置】

 

・Rest(安静)

急性の外傷は、患部を安静にすることが大切です。

 

・Icing(冷却)

腫脹を抑えるために、患部を冷却します。
氷水を患部に当てていきますが、冷やしすぎないようにご注意ください。

 

・Compression(圧迫)

内出血を抑えるために、患部を包帯やバンテージで圧迫します。
循環障害や神経麻痺を起こす可能性もありますので、締め付けすぎないようにご注意ください。

 

・Elevation(挙上)

患部を心臓より高い位置に挙上し、内出血量を抑えていきます。

 

【日常生活で行える骨折の対策】

 

転倒は骨折のリスクを高める要因になります。
特に「コンタクトスポーツをされている方」身体機能が落ちやすい「中高年の方」は、体幹を鍛えたりバランストレーニングを行うことで転倒を予防するように努めましょう。

また、女性ホルモンの影響で、中高年の女性は骨が弱くなりやすいといわれています。
日頃より適度な運動をして、骨の強度が落ちないように気をつけましょう。

 

【骨折の治癒経過】

 

・炎症期

炎症と疼痛が強く出てくる時期になります。

 

・仮骨形成期

仮骨が形成されることで、骨の修復が始まる時期になります。

 

・仮骨硬化期

仮骨の強度が増してくる時期になります。

 

・リモデリング期

仮骨が吸収と新生を繰り返すことで、本来の骨に置き換わってくる時期になります。

稲毛中央整骨院の【骨折】アプローチ方法

当院では、骨折の疑いがある場合細かくカウンセリング、所見の確認やエコー検査を行い応急処置として、整復可能と判断した場合には、整復を行います。
その後、整形外科をご紹介いたしますのでレントゲン検査を行っていただきます。

整形外科を受診後、当院で管理可能な場合には、アイシング固定などの応急処置を行い、「超音波療法」で骨の治癒を早め早期回復を目指します。
また、その後「リハビリ」を行い周辺の筋肉の強化やパフォーマンスアップを目指します。

 

【骨折に対する施術方法】

 

■保険施術

当院は健康保険を使うことが可能ですが、健康保険には使えるものと使えないものがあります。
慢性的な肩こりや腰痛などには健康保険は適用となりません。
なお自費施術では肩こり・腰痛などの施術も行っていますのでご相談ください。
保険が使える使えないはお問合せいただくことも可能です。

 

■ハイボルト療法

ハイボルトは高圧の電気を流して現在出ている症状に対して原因になっている部位がどこかを探る機械です。
症状の原因は実際に患部の可能性もあれば、全然違うところの場合もあります。
それを断定し、症状の改善も目指せる機械になります。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋膜とは筋肉の表面上にある膜で、筋膜の伸縮が低下し癒着すると痛みや可動域の制限に繋がります。
ブレードで癒着した筋膜と筋肉の間をはがしていきます。身体の痛みや張りにお悩みの方におすすめです。

著者 Writer

著者画像
院長:西尾 建佑
1984年10月4日産まれ A型
地域密着と患者さんの根本的な痛みの改善と、家族のように安心して色々相談出来るような信頼関係を作りたいと思っています。
趣味はサッカー、ダイビング
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:稲毛中央整骨院
住所〒263-0043 千葉県千葉市稲毛区小仲台2-8-20
最寄:JR総武線稲毛駅 徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】稲毛中央整骨院 公式SNSアカウント 稲毛中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】稲毛中央整骨院 公式SNSアカウント 稲毛中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】稲毛中央整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中