捻挫・腱炎・腱鞘炎でお悩みの方へ

捻挫・腱炎・腱鞘炎によくある症状

  • 転んで足を捻ってしまった

  • 足首のじん帯を痛めた

  • 関節が不安定になってしまった

  • 体重をかけると膝が痛む

捻挫・腱炎・腱鞘炎を早期回復するために重要なことについて

足を捻ってしまったときや、デスクワークをしていて
痛みや腫れを感じたことはありませんか。

 

このような症状は、関節や腱に負担がかかったことによる
捻挫・腱炎・腱鞘炎の可能性があります。

 

捻挫・腱炎・腱鞘炎は身近なケガの1つではありますが、

適切な応急処置を行うことで、早期回復を目指せる症状です。

 

ここでは捻挫・腱炎・腱鞘炎の原因と対処法についてご紹介します。

捻挫・腱炎・腱鞘炎改善メニュー Recommend Menu

捻挫や腱炎・腱鞘炎が起こる原因について

捻挫や腱炎・腱鞘炎を経験したことがあるかたは多くいらっしゃるのではないでしょうか。

日常的に耳にする機会は多い症状ではありますが、捻挫や腱炎・腱鞘炎が発症してしまうと日常生活に支障をきたすことも少なくありません。

原因を知ることで、事前に防ぎましょう。

 

ここでは捻挫と腱炎・腱鞘炎とに分けて、原因や症状を詳しくご紹介していきます。

 

【捻挫の場合】

 

関節を捻ったり大きな力がかかることが原因で捻挫になります。

特に多い場所が足首ですが、全身の関節で起こることがある症状です。

 

●主な症状

 

・痛み

軽度の症状では関節に体重がかかると痛みが生じます。
重傷になるとじん帯が切れてしまうことがあり、動かさなくても激しい痛みが起ることがあります。

 

・腫れ

軽度の症状では軽い腫れがみられます。
重度の症状になると皮下出血してひどく腫れるようになります。

 

・可動域の制限

じん帯が切れてしまうことで関節が不安定になり、思い通りに動かすことができない場合があります。

 

 

【腱炎・腱鞘炎の場合】

 

手首や指を使いすぎることが原因となって腱鞘が炎症を起こしてしまいます。
スマホなどでの親指の使い過ぎによる症状は「ドケルバン病」と呼ばれています。

また産後の抱っこで手首に負担がかかり腱鞘炎になることがあります。
初産の方に多く見られる症状なので「初産腱鞘炎」と呼ばれています。

 

●主な症状

 

・痛み

手の甲や手首、指の付け根に痛みを覚えるようになります。
特に指を動かしたときに痛みを覚えることが多くあります。

 

・腫れ

指の付け根や手の甲が腫れてしまうことがあります。

 

・ばね指

指を伸ばそうとしたときに引っかかりが生じ、ばねのように急に伸びてしまう症状です。
指を思い通りに曲げたり伸ばしたりすることができなくなることも少なくありません。

 

捻挫・腱炎・腱鞘炎を悪化させないための対策

捻挫や腱炎・腱鞘炎になってしまうと、痛むだけでなく身体を自由に動かせなくなることもあります。

このような症状が出た場合にはどうしたらよいのでしょうか。

 

ここでは捻挫・腱炎・腱鞘炎への対処法についてご紹介します。

 

●応急処置(RICE)

 

 

捻挫や腱炎・腱鞘炎になったら、まずはRICEという4つの応急処置を行いましょう。

 

・安静にする(Rest)

痛みや腫れのある部位はできるだけ動かさないようにしましょう。
腕であればタオルなどで吊っておきましょう。

 

・冷やす(Ice)

氷を入れた袋や冷却材を使って患部を冷やしてください。
1回の冷却は15分から20分程度が目安です。

 

・圧迫する(Compression)

伸縮性のある布や包帯を患部に巻き付けて圧迫しましょう。
強く圧迫しすぎて血流を悪化させないよう注意が必要です。

 

・患部を高くする(Elevation)

患部を心臓より高い位置にしておくことで、痛みや内出血を軽減することが期待できます。

 

●テーピング

患部にテーピングを施してしっかりと固定することで、痛みや症状の悪化を防ぐことが期待できます。

 

●すぐに医療機関、または整骨院・接骨院へ行きましょう

捻挫や腱炎・腱鞘炎と思われる症状が出たら、無理をせず医療機関や整骨院・接骨院にかかりましょう。
正確な症状が分かり、適切な処置を受けることができます。

 

 

●関節に負担をかけない

捻挫や腱炎・腱鞘炎を経験した場合、普段の生活から予防しておくことも大切です。
関節に負担のかかる無理な運動や長時間のスマホ操作、デスクワークのしすぎは避けましょう。

 

稲毛中央整骨院の【捻挫・腱炎・腱鞘炎】アプローチ方法

当院では、捻挫・腱炎・腱鞘炎に対して初期に適切な処置をすることを強くおすすめしております。

 

施術としては主に「骨格矯正」「CMC筋膜ストレッチ(リリース)」で早期改善を目指します。

 

初期症状で痛みが少ない、予防だけしたい、といった場合でもお気軽にご相談いただけます。

 

 

 

【捻挫・腱炎・腱鞘炎に対する施術方法】

 

■保険施術

当院は健康保険を使うことが可能ですが、健康保険には使えるものと使えないものがあります。
慢性的な肩こりや腰痛などには健康保険は適用となりません。
なお自費施術では肩こり・腰痛などの施術も行っていますのでご相談ください。
保険が使える使えないはお問合せいただくことも可能です。

 

■ハイボルト療法

ハイボルトは高圧の電気を流して現在出ている症状に対して原因になっている部位がどこかを探る機械です。
症状の原因は実際に患部の可能性もあれば、全然違うところの場合もあります。
それを断定し、症状の改善も目指せる機械になります。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

AD・パイオネックスゼロ・SP・マグレインという種類の丸いテープを使用して施術を行います。
各テープによって役割が違い、ツボや経穴や身体に流れている生体電流の乱れを回復させる効果が期待できます。
その時の症状にあった施術を行うことができます。

 

■テーピング

症状に合わせて、固定や身体の機能を保護したりアシストするために使用します。
プロスポーツ選手が使用しているイメージが強いですが、特にスポーツを行っていない一般的な方にも使用することができます。
肩の痛みなどにも効果的が期待できます。

 

■骨格矯正

姿勢の悪さ・骨のゆがみなどを改善させる施術方法です。
主に手技を使って施術を行います。バキバキと音を立てる施術ではないのでご安心ください。
骨格のゆがみはさまざまな症状に繋がる要因となります。
骨格のゆがみを元の状態に戻すことにより腰痛や肩こりなどの根本的な改善が期待できます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋膜とは筋肉の表面上にある膜で、筋膜の伸縮が低下し癒着すると痛みや可動域の制限に繋がります。
ブレードで癒着した筋膜と筋肉の間をはがしていきます。身体の痛みや張りにお悩みの方におすすめです。

著者 Writer

著者画像
院長:西尾 建佑
1984年10月4日産まれ A型
地域密着と患者さんの根本的な痛みの改善と、家族のように安心して色々相談出来るような信頼関係を作りたいと思っています。
趣味はサッカー、ダイビング
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:稲毛中央整骨院
住所〒263-0043 千葉県千葉市稲毛区小仲台2-8-20
最寄:JR総武線稲毛駅 徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】稲毛中央整骨院 公式SNSアカウント 稲毛中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】稲毛中央整骨院 公式SNSアカウント 稲毛中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】稲毛中央整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中