ぎっくり腰でお悩みの方へ

ぎっくり腰によくある症状

  • 身動きが取れないほど腰が痛む

  • 物を持ち上げたとき急に腰痛になった

  • 激しい腰痛が再発する

  • 前触れなく腰が痛むことがある

腰に急な激しい痛みが起こるぎっくり腰

腰を曲げたときや、重い荷物を持ち上げたときなどに激しい腰の痛みに襲われる症状は、

急性疾患である「ぎっくり腰」と言われています。

 

耳にする機会の少なくない症状ではありますが、

その詳しい症状や予防法についてご存知でしょうか。

 

ここでは、ぎっくり腰について詳しくご紹介します。

ぎっくり腰改善メニュー Recommend Menu

ぎっくり腰になってしまう原因について

ぎっくり腰とは「急性腰痛症」と呼ばれるもので、その名の通り急に腰に痛みが走る症状の総称となっています。

発症する原因は明確にはなっていないとされていますが、発症しやすい方の特徴があります。

 

当てはまるものがあれば注意してみてください。

 

【ぎっくり腰の原因】

 

◆身体が硬い

ぎっくり腰は、どちらかというと身体が硬い方に多くみられます。
特に股関節の可動域が狭い方や、足首が硬い方、お腹の筋肉が硬い方にぎっくり腰が多くみられます。

 

◆関節が硬い

もともと腰椎(腰の骨)はそれほど可動域の大きな関節ではないのですが、関節の可動域が極端に狭いとぎっくり腰のリスクが増すようです。

腰の骨のことを医学的に腰椎と呼んでいますが、腰椎は上下の腰椎と筋肉や靭帯で繋がっており、関節(椎間関節と言います)を構成しています。
何らかの原因によって椎間関節に過度の負荷が掛かった場合、もともと椎間関節の柔軟性があまりないと、ぎっくり腰を発症しやすくなります。

 

◆筋肉や筋膜が硬い

腰は身体の中でも強い場所の1つですが、それだけにケガを負ったときの痛みも大きいものです。

筋肉には伸びたら縮むという性質がありますが、筋肉が硬くなると伸びにくくなります。
そのような筋肉に対して過度の負荷が掛かることで筋繊維が断裂し、激しい痛みを発するのです。

また、筋肉は筋膜と呼ばれる膜で覆われており、隣接する筋肉と繋がっています。
そのため、腰だけでなく臀部や太ももの筋緊張も、ぎっくり腰発症に繋がります。

 

◆姿勢が悪い

ぎっくり腰を訴えてる方の多くは、猫背や身体の左右がアンバランスである「不良姿勢」の方が多くいらっしゃいます。
姿勢が悪いと腰への負担が増すため、ぎっくり腰になりやすくなります。

ぎっくり腰にならないためにできること

ぎっくり腰の痛みは非常に強いため、発症すると身動きが取れないこともあるほどです。

つらいぎっくり腰を予防するためにはどうしたら良いのでしょうか。

ぎっくり腰を完全に防ぐことは難しいですが、予防に効果のある方法をご紹介します。

 

【ぎっくり腰予防法】

 

ぎっくり腰を予防するためには、普段から関節や筋肉の柔軟性を保ち、姿勢を改善することが重要です。

 

◆ストレッチを行う

一般的に筋肉といった場合、それは骨格筋を指すケースが多いです。
骨格筋とはまさしく骨格を支えるための筋肉であり、骨格筋が硬くなることで関節の可動域を減少させ、ぎっくり腰になりやすくなってしまいます。

そのため、普段からストレッチを行い、関節の可動域を確保しておくことが有効です。

 

◆身体を温める

冷えなどが原因で血液の循環が悪くなると、筋肉が硬くなり、ぎっくり腰のリスクが増すこととなります。
普段から湯船に浸かるなどして、筋肉を温めることが予防に繋がります。

 

◆身体を休める

私たちの身体は寝ている間に回復するため、十分な睡眠時間を確保し、身体を休めることも大切です。

 

 

【ぎっくり腰を発症した場合の対処法】

 

ぎっくり腰というと動けなくなるイメージをお持ちの方もいらっしゃると思いますが、実際には痛みの程度はさまざまなので、それに応じた対処が求められます。

 

◆動けないほど痛い場合

激しい痛みによって動けないような場合、なるべく楽な姿勢を探して安静にします。
アイスパックなどで患部を冷やすことも良いでしょう。

 

◆動ける程度である場合

痛みはあるものの動ける程度であれば、日常生活は普通に送って問題ありません。
患部をかばいすぎるとかえって回復を遅らせることとなります。

また、温めて心地よいようであれば、シップを貼るより温めたほうが良いでしょう。

 

稲毛中央整骨院の【ぎっくり腰】アプローチ方法

ぎっくり腰は突如起こるものですが、必ず原因があると考えています。

 

姿勢のゆがみ・筋肉の硬さ・筋力低下・身体の使い方の悪さなど、自分の自覚症状のないところで少しずつ状態が悪化している方に起こります。

 

当院では、「カッピング」「CMC筋膜ストレッチ(リリース)」「超音波療法」「骨格矯正」で、痛みの改善はもちろん原因を探り、今後痛みが出づらい身体づくりまでサポートしていきます。

 

 

【ぎっくり腰に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルトは高圧の電気を流して現在出ている症状に対して原因になっている部位がどこかを探る機械です。
症状の原因は実際に患部の可能性もあれば、全然違うところの場合もあります。
それを断定し、症状の改善も目指せる機械になります。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

AD・パイオネックスゼロ・SP・マグレインという種類の丸いテープを使用して施術を行います。
各テープによって役割が違い、ツボや経穴や身体に流れている生体電流の乱れを回復させる効果が期待できます。
その時の症状にあった施術を行うことができます。

 

■テーピング

症状に合わせて、固定や身体の機能を保護したりアシストするために使用します。
プロスポーツ選手が使用しているイメージが強いですが、特にスポーツを行っていない一般的な方にも使用することができます。
肩の痛みなどにも効果的が期待できます。

 

■骨格矯正

姿勢の悪さ・骨のゆがみなどを改善させる施術方法です。
主に手技を使って施術を行います。バキバキと音を立てる施術ではないのでご安心ください。
骨格のゆがみはさまざまな症状に繋がる要因となります。
骨格のゆがみを元の状態に戻すことにより腰痛や肩こりなどの根本的な改善が期待できます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋膜とは筋肉の表面上にある膜で、筋膜の伸縮が低下し癒着すると痛みや可動域の制限に繋がります。
ブレードで癒着した筋膜と筋肉の間をはがしていきます。身体の痛みや張りにお悩みの方におすすめです。

 

■超音波療法

1秒間に100万回の音波が振動を起こすことにより熱を発して、筋肉の奥深くに刺激を与えることができる施術方法です。
手技では届かない、筋肉の奥深くにアプローチしていきます。

 

■カッピング

透明なカップで皮膚を吸引をして筋肉を引っ張り上げ、真空状態にすることにより血液循環の促進と筋緊張の緩和、疲労回復に効果が期待できます。
身体のどの部位に対しても対応できます。丸い跡が1週間~10日ほど残りますので、予めご了承ください。

著者 Writer

著者画像
院長:西尾 建佑
1984年10月4日産まれ A型
地域密着と患者さんの根本的な痛みの改善と、家族のように安心して色々相談出来るような信頼関係を作りたいと思っています。
趣味はサッカー、ダイビング
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:稲毛中央整骨院
住所〒263-0043 千葉県千葉市稲毛区小仲台2-8-20
最寄:JR総武線稲毛駅 徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】稲毛中央整骨院 公式SNSアカウント 稲毛中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】稲毛中央整骨院 公式SNSアカウント 稲毛中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】稲毛中央整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中